CSRについて

ABOUT CSR

 ものづくりに取り組みながら、わが社のCSR(企業の社会的責任)に、思い至ることがあります。お客様にご提供するシステムが社会インフラを支える一部であることを自覚し、大きな責任とやりがいを感じるまさにそのときにです。また、作業現場は、社会のグローバル化の大きな波を受けて、ネットワークやSNSの整備発展の恩恵に浴する一方で、作業の末端にまでCSRを意識せざるをえない状況に置かれています。お客様に対するサービスの向上を目指しつつ、社員一同CSRの重要性を認識し責任を果たしていかねばなりません。
 スリーエイ・システムが実践していくCSR項目を、ブレークモア法律事務所(注1)のご指導の下にまとめました。社員ひとりひとりがこれらを折にふれ読みかえし思いかえししながら、技術者として自らのよって立つ場を再確認するためです。
 われわれはこれらを実践し、より自由なものづくりのできる会社を築き維持し、併せて社会の発展に貢献し続けられるよう邁進する所存です。
 (注1) www.blakemore.gr.jp

1.顧客第一の経営
 当社は、常にお客様の視点に立ち、お客様に満足して頂ける高品質のサービスを提供し続けます。変化する社会状況におけるお客様の期待・ニーズに応え続けるため、自己研鑽を重ねてまいります。

2.従業員が生き生きと働ける環境
 当社は、従業員が自己の能力を最大限に活かし、生き生きと働くことができる環境を整えます。

3.コーポレートガバナンス
 企業の社会的責任を果たしていくために、当社では透明性のある公正で効率的な経営システムの構築・維持に努めております。

■内部統制システム
 当社は、取締役会直属の組織として、全取締役と全部長で構成した統括委員会を設置し、以下の項目について責任者を選定し、定期的に委員会を開催して、当社における重要課題の早期発見と是正に努めております。

  • 法令の遵守
  • 業務のリスク管理
  • 情報保存管理
  • 業務の有効性と効率性の確保
  • 企業集団内部統制
  • 財務報告の信頼性確保
また、社内に無記名式の電子版「目安箱」を設置し、法令違反やコンプライアンス違反行為等の早期発見と是正の一助としております。
 「目安箱システム」

4.コンプライアンス
 当社は、法令などの社会的規範、社内規則を遵守し、企業倫理を高めることによって、お客様及び取引先様はもとより、皆様から信頼される企業であり続けます。
 推進体制につきましては、コーポレートガバナンス内部管理体制を参照ください。

5.情報セキュリティ
 当社は、情報セキュリティ委員会を設置し、当社が保有する個人情報・プライバシー及びお客様・取引先様の機密情報が外部の第三者に不正に取得されたり、外部に漏洩したりすることがないよう、従業員が遵守すべき規範を作成し、定期的に情報セキュリティ教育を実施し、セキュリティに関する意識を徹底させるとともに、ネットワーク上の脅威に対して適切な防御措置を講じます。

6.ダイバーシティ・人権の尊重
 当社は、常に変動していく社会の中で、多様な人材の力を結集し事業を進めていくことの重要性を強く認識しています。そのため、当社は性別・国籍・年齢等にとらわれず多様な人材を迎え入れ、従業員の人権を尊重し、あらゆる差別及びハラスメントを排除するとともに、どのようなライフスタイルの人でも働きやすく、自らの力を発揮できる職場環境の整備に努めております。

  • 育児休業
  • 育児時短勤務
  • 介護休業
  • 介護時短勤務

7.反社会的勢力の排除
 当社は、暴力団をはじめとする反社会的勢力と、一切取引致しません。また、すでに当社と取引をしている方が反社会的勢力であることが判明した場合は、取引の解消に向けた適切な措置を速やかに講じます。

8.環境への配慮
 当社は、環境に関する法令を遵守し、電気や紙の使用量の抑制、資源の有効活用などによって、できるだけ環境負荷の少ない事業活動に努め、持続可能な社会の形成に寄与してまいります。

9.社会への貢献
 当社は、当社が扱うシステムやソフトウェアが現代社会におけるインフラとなっていることを強く意識し、お客様に対して最高の技術とサービスを提供することを通じて、より便利かつ豊かな社会づくりに貢献してまいります。

<参考資料:コーポレートガバナンス内部管理体制>